読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

内部留保に課税はやめたほうが良いと思う。

政治 経済

自民党の一部に企業の内部留保に課税しようという
動きがあるようだ。354兆円もあれば課税したくなる気持ちも解らなくはないし
もっと設備投資や人件費に使うべしという考えもわかるが
これは悪手だと思う。実際、菅官房長官や麻生財務大臣も否定的だ。


内部留保課税、政策的な議論深めることが先決=菅官房長官
http://jp.reuters.com/article/2015/11/20/idJPL3N13F1E420151120


麻生太郎財務相「企業は利益貯めて減税? 何のためにするのか」と疑問符 内部留保課税には否定的
http://www.sankei.com/economy/news/151120/ecn1511200025-n1.html


そもそも、需要もないのに設備投資をしろと言う方が無理のある話だ。
そんなことをしたら過剰生産になってデフレになってしまう。
日銀の異次元緩和でようやくデフレから脱却しようという時に
デフレ圧力をかけるような政策をしようなんて話にならない。
必要なのは需要である。需要があれば企業は設備投資もするし
人も雇うのだから。


では需要を作り出すために政府が出来ることは何か?
やっぱり減税だと思うんだけどなぁ。