読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

アベノミクスは批判されるべきだとは思う・・・

ジャーナリストの高野孟氏によるアベノミクス批判の記事を読んだ。


アベノミクスは終わった…海外主要メディアによる「死刑宣告」を比較
http://www.mag2.com/p/news/126534


アベノミクスは批判されるべきだとは思う。しかしこの記事で納得行かない点が
一つある。何故消費税に触れていないのだろうか?
確かに、消費税増税アベノミクスの項目にはない。民主党政権次代に
自民・公明・民主の三党合意で決まったものだ。しかしこれが大きな足枷になっていると
思うのは私だけだろうか?
記事の最後には、

>『高野孟のTHE JOURNAL』より一部抜粋

とある。では抜粋されなかった箇所に書いてあるのだろうか?だがこんな重要なことを
抜粋から漏らすとは考えにくい。
確かに消費税の件以外にも批判されるべきことはあると思う。
しかし経済政策を考える時に税の影響を無視するわけにはいかないと思うのだが。

まさか、ネットのメールマガジンにまで財務省の圧力が・・・なんてことは無いよね。