読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

来年の参院選はW選挙になるか?

あるんじゃないか、と思っていたら最近ちらほら指摘されるようになってきた。
来年の参議院選が衆参W選挙になる可能性である。


谷垣幹事長「衆参同日選の可能性ある」 自民党幹部が相次ぎ言及
http://www.sankei.com/politics/news/151129/plt1511290023-n1.html


W選挙になると与党が有利と言われる。しかしW選挙にする理由はそれだけではなく
一挙に憲法改正まで考えているのではないだろうか?


首相、改憲へ意欲 「占領時代の仕組み変える」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H2Q_Y5A121C1PE8000/


保守系議員の集まる会合での発言だけでどのくらい本気なのかは判らないが
少なくとも目標の一つではあろう。
勿論、W選挙にしたからと言って改憲勢力が三分の二以上の議席を取れるとは
思えない。しかし、消費税の増税再延期とセットにしたらどうだろう?
これなら与党にかなり有利な選挙になるのではないかと思う。
GDPの伸びが2四半期連続でマイナスになるような現状では増税はし難いはずだ。
増税を延期するのなら憲法改正とセットで、と考えてもおかしくはない。

しかし、増税延期だけではインパクトが弱い。三分の二を取るためには
「消費税を5%に戻す」
くらい言った方が良いのではないかと思う。
安倍総理にそこまで出来るか疑問だが、財務省の反発をどう抑えるかが問題だ。

で、こっからは妄想(笑)。
来年早々くらいに「ノーパンしゃぶしゃぶ」級のスキャンダルが・・・・
いや、何でもありません。