読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

太田光は嫌いなんだけど。。。

改憲派なので護憲派太田光は嫌いなのだが、この意見には
首肯出来る部分がある。


護憲派太田光 憲法に持論2分半…米軍沖縄撤退なら「改憲賛成」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00000035-dal-ent


何故なら米軍に沖縄から撤退してもらうためにはどうすればいいかという
私の考えと近いものがあるからだ。太田光の考えとは順序が逆になるかも知れないが
私の考えはこうである。ほとんど妄想だけどね。

1.憲法改正をして自衛隊を国軍として位置づけ、かつ国外であっても東アジアならば
動きやすいようにする。

2.自衛隊を増強する。

3.日本が東アジアの安定は守るので米軍にはお帰りいただく。アメリカだって財政的には
苦しいので、この提案には乗ってくる可能性はある。ましてモンロー主義に回帰しようとしている
ティーパーティーが勢力を増せばなおのことである。モンロー主義にまでなってもらっては困るけど。
当然台湾有事や朝鮮半島有事には日本が真っ先に出て行かねばならない。
アメリカの援軍はあるとしても。
しかし、沖縄の米軍基地を自衛隊基地に転換することができるので、沖縄の基地問題
基本的に国内問題となる。なので日本政府(と沖縄県の)意向だけでどうにでも出来るように
なるのだ。


このとき日米安保が堅持されていないといけないのは言うまでもないが、一番問題なのは
「2.自衛隊を増強する。」である。米軍がいなくなっても抑止力は保持されなばならない。
一番手っ取り早いのは核保有だが、被爆国日本でそれは不可能に近い。
大友克洋の「AKIRA」に出てきた"SOL"みたいなのがあればいいが、宇宙空間の軍事利用を
禁じたいわゆる宇宙条約を批准している日本ではそんな兵器も持てない。
核ではないが核並みの抑止力を有し、かつ非人道的ではないなんて、そんな都合のいい兵器
開発されないかな。