読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

"誰が"ではなく"何を"言ってるかで判断したいが・・・

政治

zakzakケント・ギルバート氏の記事を読んだ。


【ニッポンの新常識】SEALDsだからおかしい、との主張に私は与しない (1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151226/dms1512261000003-n1.htm


基本的にケント・ギルバート氏の意見が正しいと思う。自らを振り返ってみても
意見の内容ではなく、誰の発言かで判断することがないとは言えない。大いに
反省すべき点である。
しかし、誰が・どの団体が主張しているかを参考にせざるを得ない場合があるのも
確かだろう。某巨大掲示板群などでは「朝日新聞が反対してるんだから正しいんだろう」
なんてことが冗談半分(本気か?)で書き込まれたりするが、それはさておき、例えば反原
発運動。ソースを確認していないので確かなことは言えないが、この運動で「中核派や革
マル派の幟を見た」なんて話を聞いたことがある。事実かどうか判らなくてもこんな話を聞
くとこういう運動には参加しづらいのは確かだ。原発再稼働に慎重であるべきという意見を
持っている人でも。
逆に、保守系や右派の人でも自分と同じ意見を言っているからと言って、選挙で幸福実現
党の候補者には投票しづらいのも事実である。実際、国会議員は出ていないようだし。

"個人"で考えればケント・ギルバート氏の意見は全く正しい。しかし、その人の所属する団体
や立場も加味して考えないければいけない場合もあるのではないだろうか?
とくに政治的な場面では。