読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

マルコ・ルビオ撤退

ルビオ押しの私には非常に残念なことだが、地元フロリダで負けた上撤退表明までしてしまった。地元で勝てなければこの先も勝つのは難しいということだろう。


トランプ、クリントン両氏がフロリダで勝利、ルビオ氏は撤退表明
http://www.sankei.com/world/news/160316/wor1603160018-n1.html


これを書いてる時点での共和党候補各氏の獲得代議員を見てみよう。
(下記ページは結果が出るごとに数字が変わるので注意されたし。)


Who’s Winning the Delegate Race?
http://graphics.wsj.com/elections/2016/delegates/


トランプ氏 619人
クルーズ氏 394人
ルビオ氏 167人
ケーシック氏 136人

ルビオ、ケーシック両氏を足しても2位のクルーズ氏に届かない。トランプ氏に過半数をとらせないためにはクルーズ氏にも頑張ってもらわないといけないが、うまくブローカード・コンベンションに持ち込めてもケーシック氏がクルーズ氏と同等くらいの代議員を獲得していないと勝ち目はないだろう。共和党主流派としては苦しいところだ。
いや、別に共和党主流派を支持している訳ではないのだが、トランプ氏とクルーズ氏が危険すぎるのだ。しかも怖いことにトランプ氏とクリントン氏の大統領選になった場合、サンダース支持者の票の一部がトランプ氏に流れるのではないかという話がある。確かにトランプ氏の社会政策にはサンダース氏のそれに重なる部分がある。ありえない話ではない。

 

トランプ大統領が現実味を帯びてきたのかも知れない・・・。
と書きながら、やっぱり女性大統領誕生かな、でも彼女だとジャパン・バッシングしそうで嫌だな、と考えている(泣)。