読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

青函トンネルのレールの幅

科学技術

北海道新幹線が開業した。それはそれで喜ばしいことなのだが、新幹線はレールの幅が違う。北海道新幹線青函トンネルを通るようだが、今まで走っていた列車は青函トンネルを通れるのか疑問に思ったので例によってWikipedia(笑)。


青函トンネル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%87%BD%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB#.E6.9C.AC.E5.9D.91


ほうほう、"三線軌条"というのがあるらしい。


三線軌
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%B7%9A%E8%BB%8C%E6%9D%A1


レールを三本敷いて、一本は共用し残りの二本を車両の幅によって使い分けるらしい。これを採用しているので青函トンネルは新幹線も従来の車両も走れるということだ。よかったよかった。いや、私が心配することじゃないんだけどね(笑)。