読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

核兵器

G7の外相が広島の平和公園原爆資料館を訪れた。各国外相には衝撃を与えたようで各氏コメントを出している。G7外相会合を広島で行った意味は大きいようだ。


G7外相会合が「広島宣言」 被爆地訪問を呼びかけ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160411/k10010474921000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_001


原爆・核兵器というものを考える時、複雑な思いが交錯する。勿論核兵器は廃絶したい。しかし米ソ冷戦がいくつかの代理戦争はあったものの全面戦争に至らなかったのは核兵器の存在が大きいと思う。核抑止力は確実に存在する。
また、原爆の被害はあまりにも悲惨だが、東京・大阪をはじめとする都市への空襲を考えると、広島・長崎だけを特別視するのもどうかと思う。どれも民間人虐殺という戦時国際法違反には変わりがない。だが、核兵器の悲惨さを伝えるためには広島・長崎の受けた被害の情報を世界に拡散する必要はあるだろう。


理想を言えば核兵器廃絶には技術の力が必要だと思う。核を超える抑止力を持った兵器が開発されるか、核を無効化出来る兵器が開発されるかされないと核廃絶は無理だろう。
人類は戦争を根絶できる程賢くはない。しかし、戦争を防止する知恵なら出せると信じたい。