読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

ロシアの宇宙基地

タイトルに"宇宙基地"と書いてしまったが、こう書くと宇宙にある基地みたいだ(笑)。だがそうではなくて、宇宙へ向かうロケットを打ち上げる為の地上の基地の話である。


ロシア 極東の宇宙基地で27日にロケット打ち上げへ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160423/k10010495921000.html


ついつい忘れがちだが、現在使っているバイコヌールはロシアではなくてカザフスタンである。やはり極東とはいえ自国内にあったほうが色々都合がいいのだろう。もちろん今後の衛星打ち上げビジネスに繋げようという狙いもあると思う。そちらの方が重要か。とここまで書いてからWikipediaにボストチヌイ宇宙基地の項目があることに気づいた。


ボストチヌイ宇宙基地
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%8C%E3%82%A4%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%9F%BA%E5%9C%B0


ロシアはカザフスタンにバイコヌール宇宙基地の使用料を毎年1億1500万ドル払っているそうである。自国に宇宙基地が欲しくなるのは当然だ。衛星打ち上げビジネスのコストも下げられるだろう。


国際宇宙ステーションのことを考えるとロシアは重要な国だ。宇宙ステーションへの人員輸送ができるのがロシアのソユーズだけだからだ。もちろん将来的にはアメリカも再び可能になると思うが、それまではロシア頼みということになる。
プーチン大統領は怖い人だし、日本はロシアに騙されてきた歴史があるし、無条件に信用できる国ではないが、ロシアとはあまり敵対せずにうまく付き合っていきたいものだ。