読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

憲法記念日に憲法改正について考えてみた

憲法 政治

普段から改憲派をもって自認・公言しているので、憲法記念日には憲法改正について考えねばならない。しかし今回は憲法改正について考えると言っても、その中身のことではない。多くの人がどう考えているかについてだ。憲法改正というのは最終的には国民投票なので、どうしてもそこは気になる。そこでNHKの世論調査。


憲法考え話す機会増やしたい」6割 NHK世論調査
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160503/k10010507381000.html


実は3月にも"世論調査で改憲派は失望した"という記事で憲法改正に否定的な意見が多いという話を書いたのだが、やはり今回もそのままで「改憲が必要」が27%、「改憲必要なし」が31%となっている。予想通りで残念だ(泣)。
ところでNHKでは平成19年(2007年)から同じ調査をやっているとのことで、動画部分に過去の調査結果も出ていた。抜き出してみる。


憲法改正について(数字は、必要・必要ない・どちらとも言えないの順)

平成28年(2016) 27  31  38
平成27年(2015) 28  25  43
平成26年(2014) 28  26  40
平成25年(2013) 42  16  39
平成19年(2007) 41  24  30


憲法9条改正について(数字は、必要・必要ない・どちらとも言えないの順)
平成28年(2016) 22  40  33
平成27年(2015) 22  38  34
平成26年(2014) 23  38  32
平成25年(2013) 33  30  32
平成19年(2007) 28  41  26

 

平成20年(2008)〜平成24年(2012)のデータは載っていなかったが、こうして見るとどうも2013年と2014年の間に断絶があるような気がする。Wikipediaでその2年間の出来事を調べてみると、2014年7月に集団的自衛権行使容認の憲法解釈変更を閣議決定している。しかし、HNKのこの世論調査は憲法記念日に合わせたものと思われるので、おそらく4月に行っているだろう。そこでGoogleでキーワードを「集団的自衛権」、期間を2014年1月1日〜2014年5月3日としてニュース検索をかけてみた。すると2014年2月16日のBLOGOSに橋下徹氏のツイートを元にした記事が出てきた。


僕は集団的自衛権の行使は認めるべきだという立場。ただし、憲法裁判所のチェックは必要だと思う。 - 2014年2月16日(日)のツイート
http://blogos.com/article/80484/


記事を読むと、2014年2月の段階で集団的自衛権行使について憲法解釈を変えようという議論があったのは間違いない。私は昨年9月の安保関連法案を憲法改正なしに成立させたことが国民に警戒心を抱かせたと思っていた。しかし違った。解釈改憲の議論が出てきた時点で多くの人は警戒していたのだ。だから2013年から2014年にかけて憲法改正が必要と答える人の数が激減していたのだと思う。


安倍総理解釈改憲なんて理屈に合わないことをすると国民は付いてこないのですよ・・・といっても総理がこのブログを見るはずもないが(泣)。