読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

未来の道路

ソーラーパネル道路というが、これの場合発電できるのはほとんどオマケだ。


良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ
http://www.gizmodo.jp/2016/06/missouri-solar-roadways.html


記事からポイントを抜き出してみる。

 

  • 強化ガラスでトラクター程度の荷重なら平気
  • モジュール式でメンテナンスが楽
  • 熱を生むシートで積雪や路面凍結を防げる
  • LEDライトで道路表示できる。
  • 荷重センサーで道路標示を変更可能。

 

SF作品に出てきそうな未来の道路だ。LEDライトで道路標示を変更可能ということは朝夕で上り下りの車線数を変更することもできるだろう。渋滞の解消につながる。そして今すぐにでも実用化してほしいと思ったのが積雪や路面凍結を防ぐ機能。実はこれ雪国でない地域の人にとっても重要な機能だ。何故なら積雪の少ない地域の人々は雪に弱い。おそらく雪国の人なら「このくらいの積雪が何なの?」と思うような積雪で交通が麻痺する。雪の積もらない、凍結しない道路は雪国でなくても欲しいと思う。
問題は強度だ。トラクター程度なら平気というが、大型トレーラーではどうか?耐用年数は?この辺りが気になるところだが、今度始めるテストでそれらも検証されるのだろう。

夜間走行中、車道に人がいたら警告してくれる道路、早く実用化してほしいものだ。と、ここまで書いて思ったが、自動運転と組み合わせるともっと面白いことができるかもしれない。