読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

世界記憶遺産

国際

先ごろユネスコの世界記憶遺産にいわゆる「南京大虐殺」が登録されて
問題になっているが、今度は日本が申請して登録されたシベリア抑留の資料に対し
ロシアが非難の声を上げている。


ロシア、日本の記憶遺産登録の撤回を要求 シベリア抑留資料で 日本は「パンドラの箱を開けた」と非難
http://www.sankei.com/world/news/151015/wor1510150035-n1.html


パンドラの箱を開けた」ってよっぽど都合の悪い真実なんだなと思ったが、
それはさておき「世界記憶遺産」とはどういうのもかWikipediaの項目を見てみた。


ユネスコ記憶遺産
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B3%E8%A8%98%E6%86%B6%E9%81%BA%E7%94%A3


>危機に瀕した古文書や書物やなどの歴史的記録物(可動文化財)を
>最新のデジタル技術を駆使して保全し、
>研究者や一般人に広く公開することを目的とした事業

 

とある。
要は資料をデジタル化して確実に保存しようってことらしいが、
そんなことは別にユネスコに頼らなくても出来るわけで、
問題は国連に歴史的事実として認められるというところにあるのだろう。
南京事件などは犠牲者数の問題を含め議論の余地が多く、登録には問題が大有りだが
シベリア抑留についてはロシアも事実を認めており問題はないと思う。

 

しかし、これ撤回をちらつかせてロシアから何かの譲歩を引き出せないだろうか?
北方領土までは無理としても、露中の引き離しに使えないかと思うのだが。
日本の外務省じゃ無理かな。