読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

おおさか維新の会は成功するか?

政治

大阪の橋下市長が「おおさか維新の会」結党に向けて
動き出した。この政党は大阪の地域政党であると同時に
国政政党であると思っていたのだが、どうやら各都道府県に
下部組織として地域政党を作るらしい。


松井大阪府知事 各地で地域政党維新の会を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151027/k10010284551000.html


「京都維新の会」や「北海道維新の会」が出来るとのこと。
これは既存政党にとって脅威となるかも知れない。
維新の会は地方分権を訴える政党である。それが「〇〇維新の会」
としてその地域の名前を冠した政党を立ち上げるのだ。
やり方によっては人々の郷土愛に強く働きかけるのではないか?
愛国心」と言うとドン引きする人が多いだろうが、「郷土愛」ならば
そんなに違和感はないだろう。誰だって自分の生まれ育った土地に
愛着はある。その生まれ育った土地の名前を冠した政党が
自分たちの地域に権限を与えよと訴えるわけだ。

例えば、新潟県はサッカーとバスケットが共にアルビレックス
頑張っている地域である。郷土愛は強そうだ。
「新潟維新の会」が「もっと新潟に権限を!」と叫べば
支持を集めそうだ。既存政党に不満を持っている無党派層
どっと流れこむ可能性があるかも知れない。

橋下さんが何処までやれるか?期待と不安と警戒心をもって見ていこう。