読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

マイナス金利

はっきり言って、私のような素人にはよく解らない話である。


日銀 新たな金融緩和策決定 当座預金金利マイナスに
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160129/k10010390301000.html


マイナス金利と言っても我々が預けている銀行預金の金利がマイナスになるわけじゃない
し、一般庶民の生活に今すぐ影響が出るわけじゃないので良いのだが、イマイチ解りづらい。
記事を読んでみるとこういうことらしい。

銀行は貸出や運用に使わないお金を日銀の当座預金に預けている。これの金利をマイナス
0.1%にするという。とは言え今までに預けている分は据え置きで、これから新たに預け入れる
場合はマイナス金利が適用されるらしい。要するに運用先のないお金を日銀に持ってくるなっ
てことらしいのだが、じゃあそのお金を銀行は具体的にどうするのだろう。


借り手もいなければ有望な投資先もないから日銀に預けるわけで、それが出来ないとなれば
手元で眠らせるしか無いのだろうか?
やはり、ここから先は政府の仕事だと思う。日銀は金融緩和でお金を使える状況は作った。お金
を使う先を創りだすのは政府の仕事だろう。財政出動で需要を作り出すしか無いと思うのだが。
もしくは減税で国内需要を喚起するか。


アベノミクスで重要な役割をしていたという甘利大臣が辞任した内閣で何処まで出来るか?
安倍総理、国民は見てますよ。