読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

日英同盟は復活するか

EU離脱というピンチと親中派のキャメロン首相の退陣で日英同盟復活の可能性があるという記事が出ている。


中国に対抗 英EU離脱で100年ぶりの「日英同盟」復活か
http://www.news-postseven.com/archives/20160708_426983.html


対中・対露関係を考えれば日本にとって魅力的な選択肢ではある。駐日大使の発言を考えればイギリスとしても日本を味方にしておきたい考えはあるだろう。


英駐日大使 EU離脱交渉で“日本の影響力”強調
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000078274.html


「日本政府や日本の企業は、私たちやEUの国に離脱交渉における要望を言って下さい」という大使の言葉には必死ささえ窺える。
しかし日英同盟復活となれば日米安保条約のように片務条約という訳にもいかないだろうし(最近ではそれも怪しいが)、そうなると日本側の憲法改正は必須だ。イギリス側にしたって連合王国崩壊の危機も囁かれている状況では国をまとめるほうが先だろう。それだって一筋縄ではいかなそうだ。そう考えると日英同盟の復活などまず無理で、EU離脱交渉の過程で貿易協定を結んでイギリスを援護するくらいが関の山だろう。もちろん日本に有利な条件は欲しいが。


中二病的には日英同盟復活の方が嬉しいんだけどね(笑)。