読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

シリア問題におけるプーチンの考えを妄想してみた(笑)。

中東情勢の専門家の書いたシリア問題に関する記事を見つけた。


ロシアのシリア介入は弱さの表れ:オバマの基本姿勢
http://www.fsight.jp/articles/-/40557


この記事では、それが正しい読みなのか、強がりなのかは判らないとしつつも
オバマの立場をこう考えている。

「どうせアフガニスタンでやらかしたソ連の二の舞になる。
プーチンには勝手にやらせておけ。」


オバマの考えはこの通りだろうと思う。
実際、ロシアが空爆を始めた時、ソ連アフガニスタン侵攻を
思い浮かべた人は多かったはずだ。
しかし、プーチンほどのしたたか者がそのことを念頭に置いていないだろうか?
というわけで、勝手にプーチンの考えを妄想してみる。


プーチンとしてはシリアにはロシア海軍の基地、それも地中海へ出られる
軍港があるのでアサド政権は絶対死守である。これがあるなしでは
ヨーロッパへの影響力が変わってくるので譲れない。
なので、ISIS掃討を名目にアサド政権を援助。シリアを安定させつつ
ISISイラクに封じ込める。そこまでやったら絶対に深入りしない。
それこそアフガンの二の舞になるからだ。
その後は欧米を焚き付けてイラクISIS空爆させるように仕向ける。
そうするとISISは仕方なく南のサウジアラビアへ移動するのではないか。
もちろんシリア側・イラン側の国境をロシア援助のもと固めておくのは
必須だ。これでサウジが混乱に巻き込まれれば原油価格が上がって
ロシアは万々歳という訳だ。その際サウジの南側のイエメンのシーア派
武装組織なんかを活発化させておくと効果的だろう。


先にも書いた通り、これは妄想である。
しかしプーチンはこの妄想など話しにならないとんでもない事考えてそうで
こわいなー。