読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏・・・的な。

チラシの裏にでも書いとけ! と批判されるような内容になるかも、と思い自虐的なブログタイトルにしました(笑)。

石油と核融合

原油価格の下落が続いている。

NY原油 一時34ドル台前半に 約6年10か月ぶり安値
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151219/k10010346501000.html


消費者的にはガソリン価格が下がって喜ばしいことなのだが、2ちゃんねる
まとめサイト「キニ速」で原油価格の下落について面白い意見を見かけた。


【2045年問題】再びシンギュラリティについて語らせてwwww
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4550207.html


原油価格の下落がドイツでの核融合実験開始に関係があるという。
まあ、2ちゃんねるの書き込みだし、信憑性とか正確性とか考えると疑わしくは
あるが、妄想としては面白い。
確かに、アメリカが原油の輸出を解禁したのもちょっとおかしいと思うところがある。
アメリカまで原油を輸出するようになれば価格が下がるのは必定。しかし価格が
下がればシェールオイルは採算に乗らないはず。
核融合炉の実用化で石油の価値が下がる前に売ってしまえ、ということなのだろうか。
そういえば、アメリカでも小型核融合炉の設計が云々・・・ってニュースを見たような気が。


実際には核融合炉の実用化にはまだまだ時間がかかるだろうし、原油価格と関係は
ないだろう。しかし、将来的にはあり得る話である。